Secretary Tells you Something

子供が大好きな人は保育士を目指しましょう!

子供達と接すると笑顔になれる

小さな子供を見ていると、本当に可愛いなと感じている方も多いのではないでしょうか。無邪気な微笑みや、走り回る姿を見て、子供の頃に戻りたいと思う時もありますよね。子供達に囲まれていると、自然と笑顔になれます。子供達と関わるお仕事がしたいと思う方には、保育士やベビーシッターなどが向いています。誰でも、このお仕事に就けるというわけではなく、保育士免許を取得している人しかなれませんので、興味がある方は資格を取りましょう。

保育士免許を取得する為には!?

保育士免許を取得する為には、高校や大学で、保育科に入学して専門の勉強をする方法や、専門学校や、通信教育で学ぶことも出来ます。きちんとした勉強をしてから、保育士の資格を取得しなければ、お仕事に就くことができません。専門学校や大学での授業は、実際の保育園に行って、子供達と接することが出来る体験実習がありますので、そこで色々なことを学ぶことが出来ます。子供達と関わることの喜びだけでなく、大変なことも経験することになるでしょう。

将来子供を産んだ時にも安心

保育士になると、色々な子供達と接することで、トラブルの対処法も自然と身に付きます。将来結婚して子供を産み、世話をすることになった時にも、慌てることなく対処していけるようになれることが良いですね。また、結婚相談所などへ登録した時にも、保育士のお仕事をしている方は、それだけで子供好きで優しい印象があり、男性にモテモテになれますよ。結婚するなら、子供が欲しいと思うものですので、保育士の方は魅力的に思われやすいです。

神奈川で保育士として働きたいなら、保育士の求人を神奈川エリアで得意としている求人サイトに登録して探すと質のよい求人を見つけやすくなります。

子どもとの時間は人生の一ページしかない!

ストレスをためずに子育て!

子育てで一番大変なのは、ストレスです。何といっても子供が小さいうちは、こちら側の意図に反した行動ばかりをするのでどうしてもストレスが貯まってしまいます。そんな時は、あきらめるのが一番楽で、親の言うことを聞くものと思わずに、聞かないことと認識して常に生活を送るのが一番気が楽です。したいことがあれば思いっきりさせてあげることによって、子どももストレスが発散されますし、その時の親は笑ってください。笑うことでストレスの蓄積は減ります。

6歳までは、愛情たっぷり!

6歳までは、愛情たっぷり注いでください。6歳ぐらいまでの子供は、すべてが新鮮である意味一番多感な時期でもあります。この時期に育まれる感性は、大きくなってから非常に大きく影響をします。しつけや教育も重要ですが、子供は親が気づかないうちに覚えて行動します。小学校に入ってからでも十分に間に合いますので、6歳の小学校入る前までは、たっぷりと愛情を注ぐことにして、子供と楽しんで、他のことは後回しにしましょう!

子どもと一緒に過ごす時間は意外と短い!

例えば、大学生で一人暮らしを始めたとすると18歳です。ということは小学校に上がった時点で、一緒に過ごす時間の3分の1が終了、中学校上がった時点で3分の2が終了です。意外と子供と一緒に過ごす・過ごせる時間って短いと思いませんか?一日で考えると男性で仕事をしていれば、休みの日で10時間一緒に過ごせるかどうか、仕事の日であれば1時間か2時間しか一緒に過ごせません。子どもとの時間って自分の人生の中では、ほんの一ページなんです。だから大切にしたいですよね。

主婦のパートで仕事先を選ぶ際に重視する事は、自宅から近い所やシフトに自由がきく、短時間勤務であるなどが挙げられます。

たくさんの女の子の憧れ!保育士の仕事ってどんなもの!?

一番は子どもとのかかわり

多くの女の子が憧れるであろう保育士。保育士の仕事といえば、一番密になるのはもちろん子どもとのかかわりです。子どもの受け入れから始まり、遊び・生活面の援助・排泄の処理や援助・食事の介助・午睡の準備・おやつの介助など、少し挙げるだけでこれだけの子どもとのかかわりがあります。そのかかわりの中で、子どもの体調や心理状態を探りつつ、ちょっとした変化にも気を配りながら一人一人と丁寧にかかわる必要があるのです。

保護者との密なかかわり

保育士は、仕事をしている親の代わりに大事なお子さんを預かって保育をしている訳ですから、一日の子どもの様子を保護者にはしっかりと伝える必要性があります。例えば、昼食のメニューはどんなものを食べたか、排泄の回数は何回か、怪我をした場合にはその理由や処置の仕方を伝えるなど、その日によって伝える内容は異なってきますし、場合によっては細かく伝えなければなりません。伝え方は、口頭であったり連絡ノートを通じてだったりしますが、保護者との連絡を密にすることで保護者との信頼関係が深まり、それは子どもの成長を共に見守ることにも繋がるのです。

日々の子どもの記録を残す

保育士は、ただその日その日の子どもの様子を見ただけで終わりではありません。その子どもが、入園をしてから無事に卒園していくまでの成長をしっかりと見届けなければならないのです。ですから日々の子どもの記録を残し、子どもの成長へと役立てています。一日一日の記録を残す訳ですから、その記録は膨大な量になってしまいますよね。ですが、そこにはその子のこれまでの担当保育士の愛情がたっぷりと詰まっており、それは子どもの大きな成長の証と言えるでしょう。

保育士の求人を探しているならインターネットを利用するのがお得です。以前よりも子どもの数が少なくなっており求人自体はそれほど多くないので、できるだけ早く行動するのがポイントです。

ページ:12345678