Secretary Tells you Something

意外とわかってない、エンジニアって一体どんな仕事?

エンジニアの仕事とは

よく職業はエンジニアですという人がいらっしゃいますが、エンジニアとは具体的にどのような仕事のことを言うのでしょうか。エンジニアとは言いえ変えると技術者のことです。製造業などで設計・開発などを行っている技術者のことをエンジニアと呼ぶのです。また、近年は製造業だけでなく、IT開発企業においてもITエンジニアと呼ばれる人たちがいます。つまり、ハードソフトに関わらず技術的価値のある製品を生み出す仕事がエンジニアの仕事と言えます。

エンジニアの種類とは

エンジニアと言われて一番一般的なのが設計・開発を行う人ですが実はそれだけではありません。設計開発が上流部門だとするとその下流に位置する、図面から実際にモノを作り出す部門で働いている人たちも生産技術者とよばれ、エンジニアに属します。生産技術という部門においても生産の効率化や加工技術開発、組立技術開発など実際ものを作る上で必要となる技術的検討行うことを仕事としています。技術に携わる仕事に就いている人がエンジニアと呼ばれることが多いのです。

エンジニアになるためには

エンジニアになるためには理系の基本的な知識を有することが必要になります。エンジニア間で議論を交わすにあたって共通の基準となるのが物理や数学といった普遍の原理原則であるためです。そのため、大学では工学系を専攻していた人が多いでしょう。ただし、エンジニアに大事なことは技術的な検討を行うことが好きかどうか、モノづくりを行うことに喜びを感じるかどうかというところも大きいでしょう。金銭的な利益だけでなく、このように知的好奇心を満たすことが好きかどうかもエンジニアの資質としては重要です。

施工管理技士の資格を所持していると、転職活動にとても有利ですから、通信教育などで学んで取得することをおすすめします。

Comments are closed.