Secretary Tells you Something

子どもとの時間は人生の一ページしかない!

ストレスをためずに子育て!

子育てで一番大変なのは、ストレスです。何といっても子供が小さいうちは、こちら側の意図に反した行動ばかりをするのでどうしてもストレスが貯まってしまいます。そんな時は、あきらめるのが一番楽で、親の言うことを聞くものと思わずに、聞かないことと認識して常に生活を送るのが一番気が楽です。したいことがあれば思いっきりさせてあげることによって、子どももストレスが発散されますし、その時の親は笑ってください。笑うことでストレスの蓄積は減ります。

6歳までは、愛情たっぷり!

6歳までは、愛情たっぷり注いでください。6歳ぐらいまでの子供は、すべてが新鮮である意味一番多感な時期でもあります。この時期に育まれる感性は、大きくなってから非常に大きく影響をします。しつけや教育も重要ですが、子供は親が気づかないうちに覚えて行動します。小学校に入ってからでも十分に間に合いますので、6歳の小学校入る前までは、たっぷりと愛情を注ぐことにして、子供と楽しんで、他のことは後回しにしましょう!

子どもと一緒に過ごす時間は意外と短い!

例えば、大学生で一人暮らしを始めたとすると18歳です。ということは小学校に上がった時点で、一緒に過ごす時間の3分の1が終了、中学校上がった時点で3分の2が終了です。意外と子供と一緒に過ごす・過ごせる時間って短いと思いませんか?一日で考えると男性で仕事をしていれば、休みの日で10時間一緒に過ごせるかどうか、仕事の日であれば1時間か2時間しか一緒に過ごせません。子どもとの時間って自分の人生の中では、ほんの一ページなんです。だから大切にしたいですよね。

主婦のパートで仕事先を選ぶ際に重視する事は、自宅から近い所やシフトに自由がきく、短時間勤務であるなどが挙げられます。

Comments are closed.