Secretary Tells you Something

たくさんの女の子の憧れ!保育士の仕事ってどんなもの!?

一番は子どもとのかかわり

多くの女の子が憧れるであろう保育士。保育士の仕事といえば、一番密になるのはもちろん子どもとのかかわりです。子どもの受け入れから始まり、遊び・生活面の援助・排泄の処理や援助・食事の介助・午睡の準備・おやつの介助など、少し挙げるだけでこれだけの子どもとのかかわりがあります。そのかかわりの中で、子どもの体調や心理状態を探りつつ、ちょっとした変化にも気を配りながら一人一人と丁寧にかかわる必要があるのです。

保護者との密なかかわり

保育士は、仕事をしている親の代わりに大事なお子さんを預かって保育をしている訳ですから、一日の子どもの様子を保護者にはしっかりと伝える必要性があります。例えば、昼食のメニューはどんなものを食べたか、排泄の回数は何回か、怪我をした場合にはその理由や処置の仕方を伝えるなど、その日によって伝える内容は異なってきますし、場合によっては細かく伝えなければなりません。伝え方は、口頭であったり連絡ノートを通じてだったりしますが、保護者との連絡を密にすることで保護者との信頼関係が深まり、それは子どもの成長を共に見守ることにも繋がるのです。

日々の子どもの記録を残す

保育士は、ただその日その日の子どもの様子を見ただけで終わりではありません。その子どもが、入園をしてから無事に卒園していくまでの成長をしっかりと見届けなければならないのです。ですから日々の子どもの記録を残し、子どもの成長へと役立てています。一日一日の記録を残す訳ですから、その記録は膨大な量になってしまいますよね。ですが、そこにはその子のこれまでの担当保育士の愛情がたっぷりと詰まっており、それは子どもの大きな成長の証と言えるでしょう。

保育士の求人を探しているならインターネットを利用するのがお得です。以前よりも子どもの数が少なくなっており求人自体はそれほど多くないので、できるだけ早く行動するのがポイントです。

Comments are closed.